日本の医療システムは遅れている

テレビのバラエティー番組で“凄いですね~日本の何とか”なんて番組があるが、欧米のその分野の専門家を連れてきて、日本を色々見せて、日本はこんなに凄いんですと自慢する番組。日本人の神経の細かさで欧米人が感嘆する分野もたくさんあるが、医療システムに関しては全く遅れている。病院内部の医療システム化は日本は進んでいるかもしれないが、病院外、病院間の連携、患者を中心としたシステム化はまるでダメ。特に投薬システムについては日本はまったくシステム化されておらず、すべて人海戦術。院内薬局はできているかもしれないが、国が薦めている院外の薬局の場合はまるでシステム化されておらず、病院の医師の処方箋をもとに薬棚から、取り出し、何錠と数え、さらにそれを間違いがないかチェックして、患者に渡るまでなんと4回もチェックすると言う。薬局で患者を前に薬剤師が薬の説明をするだけで説明料が発生しているが、あんなものは必要ない。今までの見慣れてきた薬でも説明をすれば説明料を取られる。

説明は全部処方箋に詳しく記載されている。理解出来ない人にだけ説明すればいい。まさに薬剤師の生活の為のシステムになっている様な気がする。患者はこの必要のない4回のチェックの間、待たされる。

コンピューターシステム化、機械化されているドイツとアメリカの医師は何でそんなことするのか、解らず呆れているのに、日本の医療はすごいでしょう!と。まったくわかっちゃいない。日本の人によるチェックシステムなんてコンピュータ化、機械化すれば高い薬剤師の人件費が要らない。医療費の高騰を招いている

日本は病院間、患者をキーとした投薬システム化が遅れているため、多くの病院を回る日本の患者が、それぞれの病院で貰った薬の管理が出来ていない。「お薬手帳」で取り繕おうとしているが、あんな前近代的なもので管理しようなんてこと自体が無理。患者自身に管理することを任せて、責任逃れをしている。多くの家庭で残薬が凄いことになっているのは当たり前の結果と言える。患者は薬を飲んでちょっとでも体調が思わしくないと薬を飲むのを止めてしまう。別の病院に掛かって別の薬剤を処方される。だから残薬が発生する。薬は多くの場合必ず副作用が発生するが、その副作用をフィードバックするシステムも整っていない。

 

国民背番号制とか問題になったが、(反対している人たちの反対する理由がよくわからない。)やっとマイナンバー制が平成27年10月5日施行されるが、是非この制度を使って患者中心、国民中心の医療システム化を実現してもらいたいが、マイナンバーは税金や社会保障に利用する計画らしいが、保険や医療にも是非利用してもらいたい。国民の医療費を抑制したければ、マイナンバーを医療システムに利用せざるを得ないと思うが・・・。

 

今日はハーフの距離

今月初めてのハーフの距離。セミロング走。先月末に2日連続して多摩湖ランをして以来の20km超のラン。今日は、多摩湖ではなく、玉川上水を右に折れて、小金井公園へ。午前10時から走り出したが、昨日、一昨日に比較し多少気温は下がってきたが、5月中旬としてはとても暑い25℃前後ある。日向は体感温度が30℃くらいにも感じてしまうので、意図せず日陰の多い玉川上水を選択してしまったんだろう。

一応前回のペースよりも少し速くと、garminのVertualPartnerを6’20にセットして走る。最初の高さ12mの坂を少しダッシュ気味に走り出す。走っていると、風のせいかそれほど暑さを感じない。そのままずーっと北上し玉川上水左岸に。右に折れて小金井公園方面に向かうが、この道は両サイドに大樹が茂り、木陰が多く、真夏の暑い時でもとても涼しい。残念ながら、そこへ至る道が南北道なので、直射日光が直接当たる。

皮膚の老化の最大の原因は日光だそうで、最近走る前には必ずSPF50 の日焼け止めクリームを顔、首筋、両手両腕に塗って走ることにしている。残念ながら、この情報を知る前にすでにかなり皮膚を焼いてしまっており相当の色黒なので、効果があるのかどうかわからないが、気休めのためだ。

小金井公園

小金井公園は平日のせいか、散策している人は少なかった。季節の花も一段落なのか、咲いている目立った花もないようだ。ジョギングしているランナーも4,5人であっただけだった。公園をショートカットで小回りして、元の玉川上水道へ。途中の喜平橋だったろうか、この交差点はまったく歩行者のことを考えていない交差点だ。上水道を歩いてきた歩行者は直進できず、いったん道路の反対側にわたり、さらにその道路も反対側にわたり、また元の上水道にわたるという、なんともたいした設計だ。誰がこんな歩道を考えたんだろう。『歩行者優先』という言葉は日本の道路行政においては、題目だけで、まったく考慮されていない。

しかも、この交差点にはよく白バイ警官が止まって、監視をしている。まったく何を考えているのか、こんな歩道を作った警察、行政には本当に腹が立つ。何とかしろ!

 

 

 

 

 

株高

今年に入って、私が保有しているずーっと塩漬け状態だった株が鰻登り状態。一つはアベノミクス効果によるものと思われるが、もう一つは所謂デイトレーダーとネット掲示板による注目株になったことだろう。ネット掲示板に「買い!買い!買い!買い!」と書かれると、翌日の株価は2倍、3倍になっていく。たぶんデイトレーダー達は目標金額になると、すべて売り抜けて次のターゲットに移っていくんだろう。

株などに素人な私は、その株価に一喜一憂。何もできないまま、その勝機を失ってしまう。私が持ってるこの会社の株は、その会社の技術がいつか世界に羽ばたくだろうと、長年持っているので、こんな投機的な上げ下げは非常に気ぜわしい。

日本の経済がベノミクスによって本物になるのか、ここ一年が正念場。政治主導の経済はお隣の中国がいい例だが、中国の経済はここ数年で減速する可能性があるので、かなり要注意だ。

今回の選挙は???

今回の選挙は民意を反映しているとは思えない。東京新聞の記事によると
++++++++++++++++++++++++++++
戦後最低の投票率となった16日の衆院選は、自民党が定数(480)の6割を超える294議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約4分の1、比例代表に至っては15.99%だった。自民党の勝利は、必ずしも民意を反映したものではない。多党乱立と低投票率が自民党を利した結果であるということが、はっきり分かる。
衆院選の投票率は小選挙区で59.32%。戦後最低を記録した。 一方、自民党の得票率は小選挙区が43.01%。比例代表は27.62%。ただし、これは投票した人の中での比率だ。


全有権者に占める比率は24.67%、比例代表は15.99%となる。選挙区でも比例代表でも自民党候補や党名を書いた有権者は「少数派」だ。
ところが、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の79%にあたる237議席、比例代表は、同31.67%の57議席だった。
現在の衆院選挙制度は、小選挙区制と比例代表の並立制を採用している。民意を集約して二大政党制に導く小選挙区制で自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離が生じた。
民主党は、小選挙区で自民党の約半分にあたる22.81%の得票だったが小選挙区での獲得議席は自民党の一割強の27にとどまった。ここで両党が明暗を分けた。
このようなずれは12党が乱立した今回の衆院選で、多くの候補が票を食い合ったことが最大の要因。特に、最大の争点の一つだった原発政策で「原発ゼロ」を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ。

+++++++++++++++++++++++以上コピペ終わり

今回私が投票した人は民主党でも、自民党でもなかったがまったくとおらなかった。これまでの選挙もしかり。今まで私個人の投票した人が受かったためしはない。最近の若者の選挙離れ、政治離れの大きな要因は、自分が投票してもその人がとおるわけではない、といった諦めからだ。その選挙区での一位しかとおらない今の小選挙区制度はやはり民主主義の弊害だ。

チャイナフリー

昔、アメリカで流行ったチャイナフリーを再度思いだした。今の日本でチャイナフリーは実現できるか?

我が家の中国依存度は?我が家の大型電化製品はすべて一応日本製だ。冷蔵庫は松下製、TVは2台のSONY製と1台の東芝製、エアコンはダイキン製、日立製、東芝製、三菱製と一応すべてMade In Japanだが、・・実際の製造は多分すべて中国の工場製だろうな。この投稿を書くために、今使っているノートPCはもと日本IBMだが今やLENOVO製だから、完全に中国製か(でも設計は日本か)!扇風機は日本製のMORITA製、掛け時計はCASIO製だが、実際に工場は?やはり中国だろうな。使っている携帯電話(iPHONE)は表記上は製造国が書かれていないが、韓国か?

洋服は今着ているシャツやパンツはユニクロ製、下着はヨーカドー製。会社に着ていく背広は青木製だが、どれも多分中国縫製だろうな。

食べ物は安全性の問題があるので、スーパーで買い物をするとき、できるだけ中国製を避けて買っているのでほとんど日本製だと思う。 家の木材やその他の建材はおそらく中国製ではない、車もホンダだが、シャーシーやボンネット、車体はほとんど日本製、電装部品もおそらく日本製。(組み立て工場も日本製だろう)

となると日常製品の中で食品はほぼ大丈夫だが、電化製品や衣類が危ない。でも中国製の電化製品は耐久消費財としては購入してない。すぐに壊れるだろうから、とかすぐ新型が出て飽きるから、安いものにしておこうと、はじめから品質を重視して買っていない。

今でこそMade In Japanは高品質の代名詞だが、戦前のマッチとタオルの輸出品は、戦後の産業復興時(昭和30年代)ちょうど今の中国のように、アメリカに大量に輸出されていた日本製品は「安かろう悪かろう」と言われていた。それが、アメリカから導入されたQCを日本流に解釈して、急激に品質が向上した。これは日本人の気質とうまくマッチしたからこのように発展したが、果たして大陸気質の中国でうまくいくのか?

中国製の電化製品を分解してみると、彼らの品質に関する考え方がよく分かる。機能がとにかく動けばいいのだ。安全性はおそらくほとんど考えていない。中を開けると、はんだ付けはまるで素人がやったような下手さ。半田で接続されている電線の芯線は限りなく細いし本数が少ない。したがって、中蓋を開けて何回かその電線をいじると、線がもげてしまう。一応申し訳程度に印刷された品証OKのシールが張ってあるが、ハンコやサインではなく、印刷されたもの。品証は個人の責任ではなく、誰がやったかわからないがOKだという。

こんな中国製品だが、全部、日本製品に置き換えることは十分可能だと思う。今や、町工場もほとんど中国に駆逐され、ほとんど全滅しているが、『チャイナフリー』を標語に再興できないだろうか。決して夢物語ではない。しばらくは我慢して日本の高い製品を買わないといけないが、そうすればデフレもおさまり、日本製が復興し、町工場にまた活気が戻り、日本は再興する。

もう尖閣諸島問題でチャイナは引く様子は見られないから、中国に頼るのはもうよそう。今からやろう!『チャイナフリー』!!

 

尖閣諸島の問題

先月の尖閣の事件があったためか、eBAYで香港の業者に依頼した商品が届かない。Andoroid 基板のオーディオアンプが壊れたので、ICをeBAYで注文していたが、注文直後にあの事件が起きた。3週間たっても届かないので、業者に文句のメールを送ったら、香港郵便局が日本向けのすべての郵便物をチェックしていて更に2週間以上遅れるという。ところが2週間たっても来ない。再度文句のメール。そしたら、業者は再度商品を送ったというが・・・本当か?どうも怪しい。

こんな意地悪をする中国(香港)はちょっと、どうかと思う。例の日本大使の日の丸事件でも、中国のやっていることはなんだかよくわからない。中国は国は大きいけど、人間が小さい。

韓国が好きになれない

韓国の人たちは日本人とよく似ているところがあると思ったが、どうも全く考え方の違う民族のようだ。日本人の感情を逆なでにすることが彼らの一番の生きがいなのでは?と思える。今回の韓流スター達の泳いで竹島に渡ろうとした行為や、ネズミによく似た大統領(あれでも大統領なんだろうか)が竹島に上陸してメディアに出たり。天皇陛下に対する発言も、まるで常軌を逸している。戦争中に日本が韓国を併合したことに対する補償や謝罪は当時の日本政府が超破格な対応を行なっている。
日本と韓国は日韓基本条約を締結しており、その付帯条約として「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」がある。
以下Wikiを引用
 この協定に基づき、「日韓間の両国間及び国民間の請求権に関する問題は完全かつ最終的に解決されていること」が確認された。
この協定において、当時世界最貧国のひとつであった韓国に対して、日本は国交と同時に合計5億米ドル(無償3億米ドル、有償2億米ドル)及び民間融資3億米ドルの経済協力支援を行った。当時の韓国の国家予算は3.5億米ドル程度、日本の外貨準備額は18億米ドルであったことから、その額の膨大さが推し量れる。この経済協力金を基として、ダムや高速道路を整備した韓国は漢江の奇跡を成し遂げた。
日本側は日韓基本条約の交渉の過程で、韓国人への個人補償を日本政府が行うことを提案していたが、韓国側は拒否した。このため韓国政府が一括で経済協力金を受け取り、韓国政府が個人補償を行うということで両国間の合意がなされたが、実際には個人補償は非常に小さい規模でのみ行われ、経済協力金の大半は前述したように韓国のインフラ整備に費やされた。この交渉過程について韓国政府は2005年になってから公表した。
以上引用おわり
 従軍慰安婦の問題も、当時、別途補償をしようとした日本に韓国は拒否し、総額から自分でやると言っていたのにそれもせず、また、韓国だけでなく北朝鮮の補償の分も当時日本は韓国に支払っているが、韓国はその分も使い果たしてしまい、北朝鮮には一切補償をおこなっていない。韓国の為政者は日韓基本条約の内容を広く国民に知らせていない。マスコミも同様。
 韓国人は一体どんな民族なのか?呆れ果てる。いや、日本人はもっと、はっきり、あなた達はおかしい!と言ってあげなくてはいけない。
尖閣諸島に上陸した中国の活動家達を逮捕したなら、我が国の領土の竹島に上陸した韓国のネズミも逮捕しなければ。