三重県人は弥生人?

私の出身は三重県。そして酒がほとんど飲めない。せいぜいビール一杯程度が気持ちいい。学生時代、しょっちゅう「私を飲ます会」というのが開かれたが、ビールジョッキ一杯、水割りを2杯くらいで完全にダウンして横になって寝ていた。

今日、所さんの目がテンを見ていたら、三重県人は遺伝的に飲めない人が非常にい多いらしい。居酒屋などで4人いれば3人は飲めないという。私の家族では母親は飲めるが父親は全く飲めず、姉は飲めるが兄はほとんど飲めない。父親の家系は飲める人が少なく、母親の家系は飲める人が多い。統計では飲める人の割合が全国最下位だそうだ。

大学進学で関東に出て、大学でも、社会人になっても、10人くらいの飲み会で飲まないのは自分だけで、肩身の狭い思いをしてきた。

悪酔いするのはアルコール分解でできたアルデヒドの血中濃度が上昇するためだが、強い人はこのアルデヒドを分解するALDHの活性が強く、すぐに分解されるが、弱い人はこの酵素自体の活性が低いか、欠損している。というのは以前からよく言われてきた。

筑波大の原田助教がALDH(アルデヒド脱水素酵素)の遺伝子型でアルコールに強い順にNN型、ND型、DD型があり、三重県人はこのDD型が非常に多いという。世界的に見てこのD型の遺伝子を持つのはモンゴロイドだけだそうだ。日本人の祖先の縄文人はN型、弥生人はD型だという。自分は背が高いので縄文系だと思っていたが、弥生人系だったのだ。そして、のんべいは日本列島の北と南に多く(北海道から関東北部、および四国、九州)、真ん中(関東南部から近畿、中国地方)は下戸(この言葉は飲めない人を侮辱している。ハラスメント!)が多いらしい。

詳しい説明がここに記載されています。