中華製Smart Watch

中華製Smart Bandの品質に落胆したばかりなのに、それに懲りず中華製Smart Watchを購入してしまった。Smart Bandの2倍ほどの価格だが、日本製やアメリカ製のSmart Watchに比べれば1/10ほどの価格なので、あまり期待はしていなかったが・・・・

K88H Smart Watch
K88H Smart Watch

なかなか見かけがよく、入手するまではワクワクしていたが、・・・いざ入手してみると、’中華製’という言葉のせいか、あまり感動しない。写真では確かにクオリティーは高そうに見えるが、実際に見てみると落胆する。

さて実際に使ってみると・・・

私はiPHONE6を使っているので、それ用Fundo WearというAPPを導入し、Blutoothで接続する。すんなりと接続でき、なんの問題もないので、shoppingSite(Aliexpress)に高評価のReviewを書いてしまったが、同日、この時計を左手につけ、ズボンの左ポケットにiPhoneを入れて散歩に出かけたら、2,3分で時計からけたたましい警告音が! なんとBlutoothの接続が切れた警告音。

まあ、こんなもんか。やっぱり安物買いの銭失いの性格はなおらないか!中華製のAppの質が本当に劣悪。まるで学生が試作で作ったようなアプリが、正規のアプリとして登録されている。本当に出来が悪い。メニュー構造がぐちゃぐちゃ。機械語翻訳で意味が不明。日本語が途中で切れていて何が何だかわからない。買ったとたんに実際上使用不能となったこのSmartWatch。試しにFull Refundを要求してみるが、無理かな?

 

落胆したSmartBandのHeartRate機能だけは、このWatchはうまく計測できるようで、腕につけないと、ちゃんと測定エラーとなり、走ってみるとそれなりの心拍数を計測する。ただし、測定時腕に押し付けないと異常に低い値となってしまう。これはGarminなどには到底及ばない。

こんな品質で中国のインフラや中国軍のシステムが作られているとしたら・・・怖い! いつ日本に核が間違って飛んでくるとも限らない。何度も書いているが、中国が月にロケットを打ち上げ月面探査をしたとか宇宙ステーションを自力で打ち上げるなんて絶対に信じられない。

 

**その後、Refund が全額とはいかなかったが、8割程度成功しました。でも、使い物にならないのに少額だが散財してしまった。

 

GEARBESTで買い物 顛末記

中国のショッピングサイトといえばAliexpress が有名だが、最近電子ガジェットが安価で買えるという噂のGearbest で買い物をしてみた。AndroidのPADは中華PADを何台か持っていたが、最近はどれも遅くて使い物にならず、そろそろWindowsPADが欲しいなと、秋葉などで、展示されているPADを試用してみると、意外にレスポンスがいいので、ついにGearbestのサイトでポチってしまった。WindowsとAndroidの2重Bootができるものだ。でも、最初なのでできるだけ安価で8インチ程度のものということで、中国の正月前のセールで$99.9と60%のディスカウントのものを注文した。AliexpressはPaypalは使えないが、Gearbestは使えるようだ。

ついでに、おもちゃのドローン($56)も注文してしまった。ところが、注文してから、20日過ぎても、シッピングのステータスが一切変わらず、Paidのまま。

それでWebサイトのContact usから20日もたっているのに一体どうなっているのと英語でメッセージを出すと、中国は春節で長い休みなので申し訳ない。ショップの多くがまだ休んでいる。あなたの辛抱に感謝します。と。ほかのサイトに30日以上かかるとの報告もあって、ここは安いけどやっぱり遅いんだ。

今日で注文から25日目。まだ届いていない。ドローンはDispatchされたとの報告が来たが、まだ届いていない。

####その後 paypalからこんなメールが来た

xxxx様

2016年2月4日付けで、お客さまよりGearBest様宛てに$99.89 USD が支払いされました。

この金額がお客さまのアカウントに払戻しされました。

この支払いは、次の理由で払い戻されました。

GearBest様は海外会員で、この支払いについて手動での受諾もしくは拒否をされていません。

GearBest様( payment@gearbest.com) にご連絡の上、支払方法の変更を依頼してください。
ご質問がある場合は、PayPal アカウントにログインし、[取引履歴]のサブタブを開いてください。この取引の[詳細]列にある[キャンセル済み]というリンクをクリックしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

なんとイージーな商売をやっていること。さすが中国だ。なんの理由も説明せず、散々待たせた挙句、なんお連絡もなしにいきなり返金か!本来なら約束不履行による罰金の支払いがあっても然り。実際$建てなので、paypalに$で返されると為替差損で自分は損をしている。

gearbestはもう二度と使うもんか!

 

 

 

Windows10 いよいよリリース

InsiderPreviewのBuild10240以降、7月29日の製品リリースの日が来て、何度もWindowsUpdateをかけても更新できず、まだ時期が早いのか?と思っていたし、Microsoftからの案内もないが、以下のサイトでDownloadできることが分かった。https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Downloadサイト
Downloadサイト

このサイトからDownloadして、インストールをした。

選択
選択

このPCを今すぐアップグレードするを選択するとなぜか、途中でエラーとなり、先に進めなかったので、DVD用ISOをDownloadして、インストールした。例によって、非常に長い時間(3時間くらいか?)かかったが、無事インストール完了。

Build10240と変わったところはないので、ちょっと予感がしてWinver.exeを実行してみると、なんとBuildは10240と変わらない。なんだこれ?どうやら、MicroSoftが7月29日正式リリースと言っていたのは、このBuildだったんだ。

うーん、なんか微妙だなあ。64bit版のWindowsをThinkPadX201に、32bit版をThinkPadX220 に入れたが、32bit版は取り立ててバグのようなものはなかったが、64bit版はOSが立ち上がった時点でハングアップしてキーボードが一切反応しなくなるとか、3DCADのDesignSparkMechanicalが動作しないなどのバグ(と言っていいのか)があるのに正式版とは?!

ちょっと前宣伝が派手すぎるが、期待に反するのか?期待以上なのか?このWindows10 を見守るしかない。

 

Windows10 リリース間近

Windows 10 のInsider Preview Build 10166を確認使用中、次のBuildが公開された。”TH1 professional10240”。

TH1Professional10240
TH1Professional10240

これまでは” fbl_impressive”のあとに10166とかのBuildNo.がついていたが、今回からTH1ProfessionalになったがTH1が何を意味するのか分からない。インストールすると画面の右下にあった、Watermarkがなくなっている。製品版に限りになく近づいているものと思える。

Inseider Previewのフィードバックを何度もしているが、これまで一度も改善されたことはないが、TH1で改善されているか?これから検証してみたい。

 

 

MP4Player

久々にaitendoに行ったので、買い物をしてきた。普段は4900円で販売しているのが、今だけ1900円ということで、ついつい手が伸びてしまった。統合型メディア処理プロセッサF1C100を使って作ったメディアプレーヤーキットということらしい。キット内容はキーボード、4.3インチ画面、本体ボード、リモコン、USB用5V電源コードのすべてでそれぞれを接続しメディアを差しアンプに接続すれば完成する。

 

MP4Player
MP4Player

 

MP4Playerということで店頭ではAKB48 のVideoと音声がDEMOをしていた。店頭ではVideo画面も十分明るかったが、自宅で電源を入れてみたがどうも画面が暗い。メディアはSDメモリとUSBメモリが対応している。写真の左側にはプッシュボタンもついているが、実際には右側のリモコンでの操作が楽でボタンはいらない。LCDはタッチパネルがついてないが、タッチパネルの信号も拾っていそうなので、後付タッチパネルもできるかもしれない。

これまで何点かアイテンドのMP3プレイヤーを入手しているが、これが一番音質がいいような気がする。(あくまで主観だが)使っているICの性能によるのだろう。噂によると音声信号のLRが逆転しているようだが、ま、あまり気にならないので・・・

Board
Board

店頭ではコネクタ(写真下側の4P)に直接スピーカを接続していたので、アンプも内蔵されていそうだ。3ΦのジャックにはRL信号とビデオ信号(NTSC,PAL信号の選択可能)が出ているらしいが、モニターに接続することはないと思う。

画面がもう少し、明るければ文句はないが・・・

Windows10 Insider Preview

Windows10のTechical PreviewがInsider PreviewになりBuildが100130となって、予備のPCでテストしていたが、ほぼ実用に耐えるようになってきたので、Mainのノート(ThinkPad X220)にUpdateインストールしてみた。

Windows10IP
Windows10IP

Windows10のInsiderPreviewはBuild100074がisoので提供されているので、DVDに書き込みインストールした。元のOSはWindows7だが、どうも最近Webを表示するとChromeもIEも挙動がおかしく、cookieやJavascriptを不可にしても煩わしい宣伝のpopupがブリンクして表示されセキュリティーが低下し、何とかしたいと思っていた。その意味もかねて、まだ未完成のWindows10 InsiderPreviewをインストールした。

本当は64Bit版のインストールをしたかったが、元のOSが32Bit版だったのでアプリの再インストールが面倒で、やむなく32Bitを選択。Installは全自動で行われ、ほとんどキーボードを要求されることはないが、最初DVDで立ち上げると間もなく元のOSからUpdateインストールをするようにとのメッセージで2,3回のキーボード入力があったのみ。実際のインストールは非常に長時間(3~4時間?)掛かったと思う。Build10074 からさらにBuild100130にするのにさらにその時間が掛かった。

(あとで解ったがアメリカMicrosoftのサイトには100130のISOがあった。ここ。)最初からこれをDownloadしてインストールすればよかった。

現在このBlogはWindows10の新しいブラウザProjectSpartanで書いている。新しい、名称はMicrosoft Edgeになるらしいが、これまでのInternetExplorerよりはるかにアクセスが早く、GoogleChromeよりも使いやすそうだしFlashPlayer同等の機能が動いている。

今のところ不具合といえば

1.画面の真ん中下部にThinkPad特有のIconが表示され消えない。

Icon
Icon

なぜこんなIconが設定されるのか不明だが、今のところ消す方法が見つからない。

*消す方法は一度Fn+PgUpでLEDを点灯させ、再度Fn+PgUpで消灯した後一秒くらいで消えたが、再起動するとまた忘れてしまうので、再度これを行う必要がある。

2.rajika(ラジオの録音AP)が自動的にアンインストールされてしまった。(Windows10にUpdateした時点ではつかえていたが、しばらくしてアンインストールされた)

*完全に消えたわけではなかった。

3.Windows10のアイコンをクリックしてもアプリが立ち上がらないことがある。2,3回クリックすると立ち上がる。

4.今一番使っているDesigenSparkMechanicalも問題なく動作するが、立ち上げ時、このOSはサポート外とのメッセージが出た。

5.MSのOffice2009も問題なく動作したが、インストール時勝手に動作しない設定がされてしまったアプリもあるかもしれない。

Windows10は7月29日から無償Updateが可能になるそうだが、もう一台のThinkPadX201(Windows8.1)はインストール予約をした。

製品版が待ちどおしい。

と、快調に使っていたが、ある時から、休止状態から立ち上げたとき

エラー
エラー

重大なエラーが出始めた。通常のアプリを使用中に出るわけではなく、休止状態からの立ち上げ時に出る。今すぐサインアウトをしても結局また同じ画面が出るので、サインアウトして再起動すれば、また正常に使えるようだ。

それと数ページあるようなpdfをプリントアウトすると、プリンタースプーラーのエラーなのか、各ページとも正常に打てない。1ページならOkなのだが。

まだまだ、InsiderPreiewだ。

 

 

 

 

洗濯してしまった

いつもジョギングの時携帯する、愛用の音楽プレイヤーをイアフォンと一緒に洗濯していしまった。前にもiPOD nanoを洗濯したことがあったが、最近は気を付けていたのに、ポケットの中に入っていることを気づかず、やってしまった。ジョギングウェアなどは毎日なので、妻の手を煩わさず、自分でやることにしていたのだ。 でも、「あ、またやったか!」程度で、復活することを信じていた。まずはUSBコネクタ近くの1㎜の小ネジ外した後をいつものように丁寧にギターピックで分解。

分解
分解
1
2 左側のICはメモリチップ、右側はMPUと思われる。
2014-07-05 14.41.15_1
3.OLED(外の日差しでも表示が認識できる) OLEDの右上の小さいICはFM用IC(AIROHAのAR1010かな?TEA5767compatible)

分解してみるとやはり、ICの周りや部品の奥には小さな水滴が付着していたが、これらは、分解したまま、洗濯物と一緒に洗濯ばさみで挟んで2日ほど完全に乾燥させれば、元通りになると思われる。 この2日後、完全に乾かしてから、組み立てましたが、完璧に復活しました。 この音楽プレイヤー(Transcend MP330)は自分にとって2代目ですが、8GBで非常に安価なのに音質がiPOD等と比較しても遜色がないし、FMラジオも内蔵されていて感度も非常にいい。英語のラジオ講座や音楽番組を録音したのもを入れて、ジョギングの友として重宝しています。

永遠の0

宮崎駿のアニメ映画「風たちぬ」を見た。あまり期待していなかったが、見終わってみると、とても見ごたえのあるいい映画だった。零戦の開発者の堀越二郎を主人公にした映画だが、普段日の当たらない設計技術者の話に、自分も技術者なのでついつい引き込まれてしまった。「風たちぬ」は堀辰夫の同名の小説があるが、この小説と堀越二郎の生い立ちをミックスして構成されている。

この映画を見た後、零戦や堀越二郎について何も知らなかったので、もっと知りたいと思い、本屋さんに行くと堀辰夫の同名の小説や映画「風たちぬ」に関連するいろんな書籍が平台の上に。その中で百田直樹さんの「永遠の0」を選んだ。

小説は終戦近くの連合国との泥沼の戦いで、日本軍が投入した零戦による神風特攻隊の隊員だった祖父を調査するという現代の青年の話。冷房の効いた図書館の中でこの本を読んでいたが、小説終盤の神風特攻隊の隊員の心情の記述に、涙がとめどもなく流れた。映画やTVで涙を流すのはそう珍しくはないが、読書で涙が流れたのは少ない。読み終わって、いかに戦争を知らなかったのか痛感させられた。

 

Nexus7 と Bluetooth Keyboard

AndroidPadは中華Padを買って、懲りたはずなのに、Nexus7を買ってしまった。中華Padと殆ど変わらない価格だが、そのパフォーマンスはまるで違った。前に懲りて、今は殆ど見向きもしないのはアイノール社のNOVO7。使いはじめで殆どアプリが入っていない状態だと、Web検索もきびきび動くが、少しアプリを入れると、全く重くて使い物にならない。今度入手したNEXUS7はクワドCoreだから、単純にいえば4倍速いので問題はないだろう。16Gタイプと32Gタイプがあるが、まず、16Gで問題ないだろうと、16Gを求めた。Google社の意向なのかどこの販売店でも定価販売でGoogle社のWEB販売価格と全く同じ。19800円。当初APPLEのiPADminiとどちらにしようか、大変迷った。今iPHONE5のユーザなので、同じアプリが使えるIPADminiは魅力だ。約9000円高いが、画面は横に少し大きく、重さも軽い。しかも画面のフリック速度が少し速いように思える。iPADminiのCPUはDUALCOREだが、QUADOCOREのCPUをもつNEXUS7より速く感じるのは、APPLE社のソフトウェアの技術だろう。

このタブレットでPCノート代わりをするわけでもなく、WEBの検索、参照や、BLOGの書き込み、参照、メールの参照、メールの書き込み程度なので、それほどのパフォーマンスはいらないだろうと、やすい方にしてしまった。

ただ、メールの作成、Blogの書き込みをするさい、PADのソフトウェアキーボードでは長大な文章を打つのは大変。それで、小型のBLUETOOTH KEYBOARDをつけてみたが、これがくせ者。どうもうまくない。Noteなどへの書き込みは問題ないのだが、web上のBLOGやSNSサイトへの書き込み時には不具合が発生する。いわゆる チャタリングだ。Blutoothが遅く、ネットを介した場合のデータの処理速度が問題になる。その証拠に、キーボードをUSBにした場合には全く問題がない。

メーカーはNEXUS7専用キーボードと歌っているが、これでは不良品ではないのか?不良品だといって返品したいが、どうも日本語変換ソフトに問題があるような気もするし、無線LANネットワーク速度にも影響されているようだ。Google日本語変換で問題があったのでATOK日本語変換に変えてみたら問題なかったが、翌日同じATOKで問題は発生したりするからだ。

 

 

Nexus7_Keyboard
Nexus7_Keyboard

 

Windows8

Windows8のRP版(Release Preview )が出ていたので、インストールしてみた。Windows7 に上書きしたが、DeskTop画面にStartメニューがなく、キーボードインターフェースの場合は非常に使いづらい。アプリケーションの起動選択がどうしても2段階のアクションが必要で、なかなか慣れない。Start8というアプリがあったのでインストールしたら、少しは使い勝手がよくなった。これはWindows8としては邪道の使い方なのかもしれない。

Start8

Windows7同様のStartボタンがちょうど欠損している位置に入った。そのままWindows7 のスタートメニュが現れるわけではなく、Startボタンを押すとWindows8の[Win+q]キーを押したのと同じ画面が出る。まだ、満足ではないが、少し近づいたかな?

発売まで2か月までにもう少し改善されるのかな?