ポケモンgo その6 (追加)

goプラスの自動化基板と銘打ったら、4,5名の方からコメントをいただき、ありがとうございました。iOS10の時の直結方式に比較し、iOS11のこの方式ではどうしてもエラーが発生し、そのエラーを逃げるためdelayを多くするという方法になってしまった。必然的にポケモンの取得後の時間がかかり、二の次のポケストップを逃してしまったりする。特にジムのポケストップは反応が遅い。iOS11の8PINマイコン自動化の限界かもしれません。(と思ったが、ネットではmotor信号のパルスの長さをTimer割り込みでカウントし、場合分けでdelayを変えることでエラーもなく取れているとの報告が上がっているので、まだ限界ではないみたいです。また、海外製のディスプレイ付きのGotchaやAutocatchなどは一から基板を作り直し、motor信号ではなくBluetooth信号を読んでスイッチを押してるようで、非常に速い。これらは8pin以上のマイコンが入っているようだ。)

iOS11でのポケモン獲得の成果は

画面でスロー>goプラ手動ポチポチ>iOS10の時の直結>iOS11のgoプラ自動化

になってしまう。何とかiOS10の時の直結に近づけたいが、無理かな?今はモータONで割り込みをかけているが、ネットで高価格を付けてるマイコン自動化のものもほとんど同じ方法か、もっと単純な等間隔パルスではないだろうか?

ON時間、OFF時間で判別し対処するか、難易度は高いがRGBのLED信号を拾いロジックで判別するような方法が考えられるが、LED信号との配線は3本もあり非常に難しい。

Androidでは相変わらずiOS10の時代と同じで直結でちゃんと取れてるので、iPHONE今の状況が続くとも思えないが、どうかな?

それにしても、カイオーガはゲットが非常に難しく、画面の大きなiPHONEやiPADは全くボールが届かないらしい。AR+にするといいという噂もあるが、まずは野良のポケモンで練習をしないとできない。

やってみたが、なかなか難しい。普通なら1,2発で取れるピジョンも何発も使ってしまった。

 

野良のポケモンはAR+の時近寄ると逃げるので、捕まえるのが大変。AR+の意味は無いな。レイドのポケモンは逃げないので、最大に近寄ってポンらしい。AndroidはAR+がまだないので使えない。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ポケモンgoの新しいVer0.89.1が本日私の端末にもリリースされました。ネット情報を見るとどうやら「直結」自動化goプラスでもちゃんと使えるようになったそうです。私はまだ未確認ですが。

このgoプラ自動化基板が無駄になってしまいそうですが、自動化基板への配線を外してコイン電池から単4電池化ということにになりそうです
買っていただいた方ごめんなさい。