MPLAB X+Pickit3はWindows8.1で動かない!!→訂正!動いた。

PICの開発環境MPLABX(Ver2.1)はWindows8.1にインストールは問題なくでき、XC8(Ver2.1)等でのコンパイルもできるが、PicKit3での書き込みに失敗する。

MPLABX
MPLABX

この前のXでないバージョンMPLAB 8.92もだめなようだ。もうWindows8.1が出て1年近くになろうとしているのに、Microchip社は全く対応しようとしないのはなぜだろう。Windows7は両者とも問題なく使えるが、今やほとんどのソフトウェアがWindows8.1に対応しているのに、・・・Microchip社の対応は一体どうなってるのか? ネットにも8.1では動かない情報が満載しているのに・・・結局、8.1からは全部削除してしまった。

(訂正)

再度MPLABX2.1 をインストールして、確認してみたが、どうやらPickit3のデバイスへの電源供給がうまくいかないようで、外部電源を供給してみたら、なんと一発でうまくいっていしまった。・・ということは、IPEで電源供給の設定すれば、OKということだ。なーあんだ、ちゃんと動くんだ。 (IPEのAdvanced SettingのPasswordは”microchip”でした。)

 

 

Windows7の環境下でXC8(ver1.3)でI2Cのライブラリを使おうと思ったが、plib/下のDirectryにはi2c.hがinclude/下にi2c.cがあったが、どうもうまく動かない。
MikroCも無料だと2kの壁があるし、SSDCはGUIじゃないし、なんだかPICにはいい開発環境が無いなあ。