ポケモンGo その4

GOプラスが全く反応しなくなってしまった。やっぱり定格3vのところにリチュウム電池の充電完了電圧4.2Vをかけていたのが間違いか。あるいはダイソーの電池の充電回路が5vをかけてしまったのか?
電源を入れても、うんともすんともで、CPU端子を当たっても、信号らしきものはいっさいでていない。やってしまった。3500円がゴミになった。電子工作が趣味の自分に取ってはお金よりも、壊してしまった事がかなりショック。まあ、お勉強代としては安いか?今、予備のGOプラスを香港からかなり安価に仕入れてる最中なので、それの到着を待つしかない。国内のももと同じかどうかが心配だが。それと3.0V電源を追加しなければ。

*注文の約2週間後、小さな小包が香港から届き、さっそく開けてみたが、箱も現物もほぼ日本製のものと見かけは変わらない。ただ、Aliexpressのページでもちゃんと謳っているが、本物ではなく互換品なのだ。外箱は本物からコピーしていると思える精度で印刷の発色がよくよく見ると本物とは違う。比較すれば違いが判る程度。したがって写真に写しても区別はつかない。Y字という特殊なドライバーを使って本体を開けてみた。
明らかな違い。
1.本物にはあるCPU周りの黒い物質(これがなんの役目なのかよくわからない、おそらく放熱ではないかと思われる)がない。
2.CPUの16MHzのXtalのパッケージが違う。
3.振動モーターDriverのICが違う。
4.振動モータが違う。
5.スイッチ違う。(本物は少し大きく、クリックに力が要らないが、互換機はクリックがかなり固く力がいる)
6.互換機はLEDが少し大きい。
7.はんだ付けが違う(本物は完全、互換はランドにチョン付け)
8.外側のケースやネジ、BTLのcpu(Dialog)は同じようだ。

見かけは以上のような違いがあった。実際の動作上では、
1.LEDが少し明るい
2.モーターの振動が大きすぎ。そばにいると振動音が聞こえるほど。
3.本物は3Vで駆動すると12mA程度だが、互換機は55mAと約5倍。これでは電池が減るのも当たり前。新しい電池を入れても1日で電池マークが出るほど。

以上のように互換機にはあまりいいところがないが、本物が消費込みで3,780円だが、互換機は送料込みで2,700円程度なので1000円ほど安い。自分はポケモンやストップを見つけた時の振動がうるさいので、自動化してモータを取り外しているので、消費電力は気にならない。3週間くらいは持つようだ。