中華製SmartBand

ランニング時の心拍数の測定には、これまでGarmin Forerunner610の胸に装着するベルトタイプを使っていたが、冬場はランニングウェアとの静電気で、水などで濡らしておかないと、使い始めは全くデータの信頼性がなく、何となく使いづらい存在になっていた。最近は新製品が出て腕に装着していればLEDで測定できるもの(Forerunner630や同230、235等)が出て、簡便になっているが、何しろ金額がそれなりなので、なかなか手が出ない。

それで中華サイトを見ていたら、心拍計付きのSmartbandが出ていたので、さっそく入手し約一週間使ってみた。機能的には、心拍数だけでなく、時刻、ステップ数、移動距離(ステップ数から計算)、睡眠時間管理(どのようにして検知しているのか不明)スマフォとの同期等いろいろあって非常に便利でしかも約2000円と非常に安価。

smartband
smartband

ところが、・・・

 

心拍数が120以上は全く上がらず、Garminと一緒につけて測定してみたが、Garminで140でもこのBandは110(81~110と安定しない)くらいしか表示せず全く使い物にならない。

 

あーあ、安物買いの銭失い!でした。